FC2ブログ
2018
0628
Thu
tb* 0
com*0

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』レビュー

 二十四回目のレビューは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(押井守、1995年、83分)についてです。押井版「攻殻機動隊」の一作目にあたります。「攻殻機動隊」は何度もTVアニメ化やアニメ映画化しているのですが、本作が一番有名なのではないでしょうか。押井守の代表作であり、日本SFアニメの最高峰でもあります。

 ストーリーは以下。
 「企業のネットが星を被い電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来」。
 超法規特殊部隊である内務省公安9課に所属する草薙素子(声、田中敦子)は、認定プログラマーを強引に国外亡命させようとする外交官の暗殺任務を遂行する。一年後、外務大臣の通訳の電脳がハッキングされる事件が起こる。他人の電脳をゴーストハックし、人形のように操るハッカー、通称「人形使い」の犯行の可能性が浮上し、9課の荒巻大輔(声、大木民夫)、草薙素子、バトー(声、大塚明夫)、トグサ(声、山寺宏一)、イシカワ(声、仲野裕)らは捜査を行なうが、容疑者として逮捕する人々はいずれもゴーストハックされたことによって操られていただけであった。はたして、「人形使い」の正体を掴むことができるのか――

 「ゴースト」って何?と初見では思いますが、いわゆる「霊魂」のようなものでしょう(作品内でもフワッとした感じで使われています)。生きた身体と死体をわかつもの、人形と人間をわかつもの。「ゴーストハック」とは、そうした人間の魂のようなものをハッキングによって支配し、偽の記憶を植え付けたり、行動を操ったりすることをいいます。
 さて草薙素子は脳を残してほぼ全身を義体化していまして、そんな彼女は本当に「人間」なのか、ゴーストは本当に機械と人間をわかつのかという問題をはじめ、記憶と自己の問題など、哲学的に興味深い問題を多く含んだ作品になっています。AIや医療技術が進歩しつづければしつづけるほど、この映画は現代性をもったものとして迫ってくるのです。素子のセリフ、「人間が人間である為の部品はけっして少なくない様に、自分が自分である為には、驚くほど多くのものが必要なのよ。他人を隔てる為の顔、それと意識しない声、目覚めの時に見つめる手、幼かった時の記憶、未来の予感、それだけじゃないわ。あたしの電脳がアクセス出来る膨大な情報やネットの広がり、それら全てがあたしの一部であり、あたしという意識そのものを生み出し、そして同時にあたしをある限界に制約し続ける」。
 82分という短い時間なのですが、セリフは少なめで、ストーリーには直接かかわってこないシーンを割と多く挿入したり、戦闘シーンを派手にしないなどの演出によって、独特の空気感をもった映画になっています。なかなかアニメではできない芸当ですね。引き算の美学的な。
 続編は『イノセンス』(2004年、100分)です。「攻殻機動隊」がタイトルに入っていないので注意です。
スポンサーサイト
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック