FC2ブログ
2018
0309
Fri
tb* 0
com*0

『シンドラーのリスト』レビュー

 第六回目のレビューは『シンドラーのリスト』(スティーヴン・スピルバーグ、1993年、195分)。ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺を描いた作品は数多くありますが、その中でも特に有名な一作です。全身全霊をかけたこの作品でスピルバーグはアカデミー賞作品賞や監督賞などを受賞しています。ちなみに同年、『ジェラシック・パーク』も撮り、当時の世界興行収入一位を記録したそうです。金も稼ぐし賞レースにも勝つ、さすがはスピルバーグといったところでしょうか。

 ストーリーは以下のよう。
 金儲けにしか興味がないドイツ人のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン、主演男優賞受賞)は、ナチス・ドイツのポーランド侵攻に乗じてポーランドへ乗り込む。つぶれた工場を買い取って軍需品を生産してドイツ軍に売り、一儲けすることをもくろんでいるのだ。彼は給料を安くすませるためにゲットーに住むユダヤ人を多く雇い、またSSの将校に上手く取り入って事業を拡大する。ところが、クラクフ・ゲットーが閉鎖され、そこに住む多くのユダヤ人たちがクラクフ・プワシェフ強制収容所へ送られる。シンドラーはそこへ所長として赴任してきたアーモン・ゲート少尉(レイフ・ファインズ、「ヴォルデモート」でおなじみ)に取り入って、今まで働いていたユダヤ人すべてを変わらず工場で働かせることに成功するが、戦況の悪化により、とうとう彼らをアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所へ送ることが決まる。ユダヤ人たちの命を救うため、シンドラーは私財をなげうって、自らの工場に労働力として彼らを引き受けることを決意する。――

 一度は観るべき映画だと思います。オスカー・シンドラーという人物を過剰に伝説化するのはいかがなものかという批判もあるとは思いますが、裏を返せば、それだけ完成度の高い映画だということです。実際、上映時間は三時間を超えますが、演技、音楽、演出などのおかげか長いなどとはまったく思いませんでした。
 劇中でオスカー・シンドラーと対照されるのが、アーモン・ゲート少尉。同じドイツ人でナチス党員であるにもかかわらず、二人はまったく違う行ないをします。アーモンの描き方には苦労したのじゃないかと勝手に推測。
 さて、この映画は冒頭と終り以外はすべて白黒なのですが、ユダヤ人を救いだそうというシンドラーの決意のきっかけになった少女の服には赤が着色されています(他にもロウソクの火などにも)。ナチス・ドイツによるユダヤ人への凶行が横行するなか、あどけない少女の赤い服が画面にあらわれるシーンはおそらく観た人すべての印象に深く刻まれているでしょうが、この演出は黒澤明の『天国と地獄』(1963年、143分)から着想を得たようです。こちらもぜひ。

 ほかにもナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺を描いた映画は、『夜と霧』(アラン・レネ、1955年、32分)、『ライフ・イズ・ビューティフル』(ロベルト・ベニーニ、1997年、117分)、『戦場のピアニスト』(ロマン・ポランスキー、2002年、150分)、『サウルの息子』(ネメシュ・ラースロー、2015年、105分)など、多数ありますし、これからも撮られていくのだと思います。過去の恐ろしい出来事を、映画で一つずつ検証して再発見しているのでしょうか。
スポンサーサイト
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック