FC2ブログ
2012
0817
Fri
tb* 0
com*0

トゥトゥートゥー↑トゥトゥートゥー↓ エイドリアーーーーーン!!

 このまえ,BSでロッキーが全作品放送されていました。全部観ようかと思ったのですが,評価の高い1作品目だけ観ました。スタローンの背景を知ると,まさにアメリカンドリームとなっており,希望をもらえるような作品ですね。
以下ネタバレを含む。










 スタローンの魅力たっぷりな映画。鍛え上げられた肉体によるボクシングのシーンは,かなりの迫力があります。スタローンが一人歩いているシーンなどが多いですが,どのワンシーンを切り取っても哀愁,切なさを感じさせます。が,1番の見所は人間味あふれるドラマでしょう。口は悪いが心根は優しいロッキー,内気で素直になれないエイドリアン,トレーナーのミッキー,そして親友のポーリー。彼らの個性から生まれるドラマは,観客の心を掴むと思います。
 有名なシーンがとにかく多いですね。生卵を飲み込むところや,階段を駆け上がる(ロッキーステップ)ところなど。町中をロードーワークするところなんかもパロディなんかで観たことあるかな。低予算で作られたというこの映画ですが,世界観に大変あっており,そのおかげで味が出ているのかなと思います。
 好きなワンシーンが多すぎますね,この映画。ミッキーと和解する場面では,台詞があるわけでもなく,二人の表情がアップで写るわけでもない。まさに男は背中で語るという場面であり,これぞ映画でしか表現できないなと個人的に思いました。またロッキーは赤いラインが入った白いボクサーパンツをはいているのですが,劇中のポスターでは白いラインが入った赤いボクサーパンツをはいている彼の絵が描かれています。あれはおそらく流血でパンツが赤くなることを示唆しているのかなあ,なんて思いながら観てました。実際結構流血試合となっていました。
 スタローンのまさに体当たりの演技が観られるすばらしい映画です。






書いた人 K.A.
スポンサーサイト



comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック