FC2ブログ
2014
0927
Sat
tb* 0
com*0

伊豆高原旅行

i2
恒例の夏季(?)旅行、今年は伊豆高原へ一泊二日の旅に行ってきました。
さっそく熱海のMOA美術館でハジける2年。


i12
もののーけーたちーだけー


i3

i4
映研は神に注目されているのでしょうか、台風16号接近で曇天です。オーシャンビューのお風呂も台無し。


i7

i5
仕方ないのでホテルでのんびりしました。

健康的に12時くらいに就寝しようとしたらDQNの馬鹿騒ぎが聞こえてきました。どんなDQNが上の階にいるのかと舌打ちしていたら隣の映研でした。


i10
2日目。やはり神は映研に注目しているのか、大嵐です。

仕方なく伊豆高原を離れることに。


i6
神は映研を嫌っているのか、伊豆高原を離れようとしたら晴れです。

経験的に、現部長が行くところ天気の都合が悪くなると確信しています。

結局熱海に来ました。

i9
楽しそうっすネ。

i8


今年は台風が残念でした。来年は熱中症にならない程度の良い天気になるといいですね。

i11
スポンサーサイト



2014
0926
Fri
tb* 0
com*0

\(◎∇◎メ)/おろ

『るろうに剣心 伝説の最期編』を観ました。

今作は剣心が一度も「おろっ」と言わない、真面目そうな作品になっております。
いうなればイケメン侍のチャンバラ大乱闘会といったところでしょうか、もはやヒロインの薫殿が5分くらいしか画面に映っていません。

その代わりといいましょうか、剣心の師 比古役として福山雅治が思いのほか長く登場。
前作で間抜けな不審者になってしまったAOCとの決着もつきます。さすが中の人がDV疑惑ありといったところか、迫力ある剣技です。操への腹蹴りなど、狙いすぎてて笑ってしまいます。
相変わらずライトセーバーでも振ってるのかという斬撃の速さ、スピーディーな殺陣が特徴です。「おや?」といったワイヤーもないので安心の出来。

宗ちゃん含め十本刀の扱いが雑なのも面白いです。尺の都合上、十本刀の過去に触れることもできないため、念仏を唱え始めたり、けんけんして発狂したりと変態の集まりにしか見えません。画面にしっかり映って瞬殺されただけまだましで、残りは変なコスプレ集団が後ろにいるなー、といったくらいの印象です。でも笑えるので許しましょう。



もはや脚本など破り捨ててる本作ですが、終盤のCCO戦が色々な意味で素晴らしいのでお勧めします。

主にアニメの海外版で有名なCCOとの決戦シーン。原作、アニメでは、強大なCCOに剣心、左之助、斉藤、AOCが一人づつ戦う方針でしたが、今作はなんと4人が一気にCCOに斬りかかるハチャメチャさ。

水戸黄門で例えるならば、助さん・格さん・黄門さま・風車の弥七が一人の悪役に一度に攻撃を加えるというもの。
なぜCCOの剣から炎が出るのか説明がない上に、映画の都合上AOCと左之助、CCOが初対面になってしまうシュールさ。もちろんCCOは正直に「なんだお前!?」「誰だお前!?」とツッコミを入れてくれます。

相変わらず笑ってしまう牙突の構えや、まさかの紅蓮腕、吐血しすぎな登場人物達など見どころが詰まり過ぎの長いチャンバラ決戦。4対1の大乱闘、俳優陣の必死の努力が伺えます。藤原達也は本当に頑張って4人と戦っていると思います。
このシーンなら何度も見てもいいです。


伊藤博文のよく分からない締めの台詞でズッコケてしまいますが、これだけ笑えてチャンバラを見ることができましたので、満足しています。



samuraiX
剣心「殺さずの誓い・・・逆刃刀だ(キリッ」 ⇒  「4人で一気に殺っちまえ!!」

S